Teva(テバ)-ブランド辞典

Teva(テバ)のブランド概要

Teva(テバ)は、1984年にアメリカで誕生したフットウェアブランド。

創設者は、グランドキャニオンのコロラド川で、ラフティングのガイドとして働いていたマー・サッチャー氏。ブランドネームの「Teva」は、ヘブライ語で自然という意。

ブランドの代名詞は、オリジナルのストラップが付いたスポーツサンダル。

今でこそメジャーなストラップ付きサンダルを開発したのも、実はTevaが世界初。

機能性が高く、シンプルなデザインのスポーツサンダルは、アウトドアシーンのみならず、ファッションアイテムとしても多くの人々に愛用されています。

Teva(テバ)の歴史

グランドキャニオンのコロラド川で、ラフティングのガイドとして働いていたマー・サッチャー氏。そんな彼が、1984年に開発したオリジナルサンダルがTevaのルーツ。

「水辺でアクティブな動きをしても脱げないよう足首を固定する」という、至極シンプルなアイディアをもとにビーチサンダルにアンクルストラップを付けたことから誕生しました。

設立から3年後の1987年には、初の特許である「ユニバーサルストラップシステム」が誕生。その機能性・安全性が高く評価され、世界的に有名なブランドになったのです。

2012年には「Outside Magazin」誌の特集する「影響力のあるギアTOP100」に選出。

現在では、スポーツサンダルの他、スニーカーやブーツは始めとした幅広いフットウェアを世界に向けて発信しています。

Teva(テバ)の特徴

Tevaのサンダルの大きな特徴は、その機能性です。

三点で足を支える「ユニバーサルストラップシステム」を採用した安定性の高いサンダルでお馴染みですが、Tevaのサンダルの機能性はそれだけに留まりません。

例えば、HURRICANE(ハリケーン)という定番モデルではミッドソールにEVAフォームが搭載。

サンダルというカテゴリーでありながら、スニーカーと比べても遜色無いクッション性を持っている点も大きな特徴の1つです。

ミッドソールはもちろん、アウトソールにも耐久性に優れたラバー素材を使用することで、タウンユースから本格的なアクティビティにまで幅広く対応。

他にもソールには抗菌加工の施された素材を使用するなど、そのシンプルな外観からは想像し難いほど数多くの機能が搭載されています。

Teve(テバ)を取り扱う店舗

Teva(テバ)は主に以下のセレクトショップにてお買い求めいただけます。詳しい営業時間やアクセスは公式ホームページよりご覧ください。

Teva取扱店舗

  • オッシュマンズ ルミネ立川店  190-0012 立川市曙町2-1-1 ルミネ立川店6F 042-548-1106
  • UNITED ARROWS 新宿店  160-0023 新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿 ルミネ1 B1F・1F 03-5321-7601
  • CORNERS SPORTSAUTHORITY  590-0905 堺市堺区鉄砲町1番地イオンモール堺鉄砲町 1F 072-227-6965

Teva公式ホームページを見る