Reebok(リーボック)-ブランド辞典

Reebok(リーボック)のブランド概要

Reebok(リーボック)は、1900年にイギリスで設立された「J・W・フォスター社」を前身とするスポーツブランド。

創業者は、陸上選手のジョセフ・ウィリアム・フォスター氏。

ブランドの代名詞は、1994年に発売された「INSTAPUMP FURY」。

このモデルには、シューレースではなく空気圧でのフィット感の調整を可能にした革新的な技術「THE PUMP テクノロジー」を搭載。斬新なデザインのランニングシューズは世界中から注目を集めました。

現在でもその人気は根強く、2019年にオリジナルカラーが復刻したことで話題を呼び、どこの取扱店も即完売するほど。

近年、このような画期的なテクノロジーやデザインで人気の高いReebokですが、現在の陸上競技で主流となっているスパイクシューズを世界で初めて製作したブランドとしても知られています。

Reebok(リーボック)の歴史

自身がより早く走れるシューズの開発を始めたジョセフ・ウィリアム・フォスター氏はある時、靴底に鋲を打つという画期的なアイディアを思いつきます。

そのアイディアを基に1895年、世界初となるスパイクシューズ「フォスター・デラックス・スパイク」が誕生。画期的なスパイクシューズは、地元のランナー達の間で話題となり、多くの注文が舞い込みます。

それがきっかけとなり1900年、「Reebok」の前身の会社「J・W・フォスター社」を設立。本格的にランニングシューズの製造事業をスタートしました。

1924年、J・W・フォスター社のシューズを履いた選手が、パリオリンピックで金メダルを獲得。この出来事がきっかけとなり、スポーツブランドとしての知名度は、飛躍的に向上します。

1958年、アフリカ語で「ガゼル」を意味する「Reebok」へと社名を変更。ガゼルの持つ俊敏なイメージがブランドにも通じるという理由から採用されました。

1979年、アメリカでの展開をスタート。1982年、アメリカでエアロビクスシューズ「Freestyle」を発売。そのデザインからファッションとしても取り入れられ大ヒット。そして1986年には、スポーツブランドとして、全米ナンバーワンセールスを果たします。

1989年、「THE PUMP テクノロジー」を搭載したバスケットシューズ「THE PUMP」が発売。その革新的な技術がハイテクスニーカーブームの先駆けとなり、大きな話題になりました。

それから5年後の1994年、現在のReebokを象徴するモデル「INSTAPUMP FURY」が誕生。

2005年には「adidas」の傘下に加わりました。

その後も、現在に至るまで多くのブランドや著名人とのコラボレーション企画や新技術の開発を積極的に続けています。

Reebok(リーボック)の特徴

Reebokは、革新的なテクノロジーが最大の特徴。世界で初めてスパイクシューズを生み出したことを始めとし、画期的なアイディアを基に、歴史に名を残す名作の数々を世に送り出してきたブランドです。

その中でも代表的なのが「THE PUMP テクノロジー」と「DMX MOVING AIR テクノロジー」の2つの技術。

「DMX MOVING AIR テクノロジー」は、接地の際、ソールに搭載されたエアポッド内の空気が圧縮され、流動することで安定性、クッション性、反発性を実現した技術です。もとは「エナジュア」と呼ばれる外部の企業が持つ技術でしたが、Reebokが改良し、性能が上がったことで名称が変更されました。

そして広く知られているのが「THE PUMP テクノロジー」。アッパーに搭載された空気を溜める「エアチェンバー」に外からの空気を取り込み、シューズのフィット感を調整することを実現した技術です。

この画期的な技術は、1989年に登場したバスケットシューズ「THE PUMP」に初搭載。90年代に起こったハイテクスニーカーブームの火付け役になりました。

そしてハイテクスニーカーブーム全盛期の1994年に発売されたランニングシューズの「INSTAPUMP FURY」は、従来の「THE PUMP テクノロジー」に加え、シューレースのない特徴的なデザインで注目を集めました。

Reebokの展開する革新的な技術を搭載したプロダクトの数々は、まさにハイテクスニーカーブームの象徴とも言えるでしょう。

Reebok(リーボック)を取り扱う店舗

Reebok(リーボック)は主に以下の直営店舗にてお買い求めいただけます。詳しい営業時間やアクセスは公式ホームページよりご覧ください。

Reebok取扱店舗

  • Reebok 渋谷店  150-0041 東京都渋谷区神南1-20-17 03-5784-0960
  • Reebok 原宿店  150-0001 東京都渋谷区神宮前6-14-7 MEビル 03-5778-4354
  • Reebok ららぽーと名古屋みなとアルクス店  455-8501 愛知県名古屋市港区港明2-3-2 ららぽーと名古屋みなと 052-659-4120
  • Reebok ららぽーとEXPOCITY店  565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY 2F 06-4864-8377

Reebok公式ホームページを見る