独特の色ムラや風合いが魅力!後染めのひとつ「製品染め」とは?

アパレル素材に色や柄をつけることで、華やかさや上品さ、渋く落ち着いた雰囲気などを表現できる「染色」。

「染色」は色を染め上げる工程をどのタイミングで行うかでいくつかの種類に分けることができますが、本日は後染めのひとつである「製品染め」についてご紹介いたします。

素朴な風合いを感じることができる「製品染め」ですが、どのような特徴や他の染色との違いがあるのか詳しく見ていきましょう。

1 そもそも「製品染め」って何?

product-dyed-01

1-1 出来上がった状態の製品を染色すること

「製品染め」とはその名前の通り、製品が出来上がっている状態で染色を行う方法のことです。別名「ガーメント・ダイ(garment dye)」と呼ばれる事も。

そもそも生地などを色材で染め上げる「染色」ですが、「繊維→糸→織物→製品」どの工程で素材を染めるかによって「先染め」か「後染め」かに分類されます。

縫ったり編んだりする前に染める「前染め」と、織物やニットなど製品になってから染められる「後染め」。

「製品染め」はもちろん製品が出来上がったあとで染色するので「後染め」に分類されています。

1-2 製品染めの手法がよく用いられるアイテム

製品染めの手法がよく用いられるのはTシャツなどの比較的低価格のアイテムが中心。他にはワンピースやブラウス、スカート、エプロン、肌着、セーター、靴下など。

また、意外ですが皮革素材のバッグやレザージャケットといった素材にも、製品染めが用いられているようです。

2 製品染めの特徴は?

製品の状態で染め上げる「製品染め」は布地を均等に染めることが難しいため、製品ごとに微妙な色ムラと濃淡が出るのが特徴です。

繊維染めや糸染めといった「先染め」には出せない、ニュアンスのある色ムラや色合いが独特の風合いを感じさせるという理由で人気があるのだとか。

同じ色の製品でも、ちょっとずつ染色の濃淡が違う「一点もの」を生み出す染色方法というわけです。

3 製品染めアイテムを扱う上での注意点

製品染めなど後染めで気をつけなくてはいけないのが洗濯した時の「色落ちと色移り」。

後染めはどうしても糸の芯まで深く染め上げる先染めよりも、染色堅牢度(色の耐久性)が低くなってしまうと言われています。

洗濯するときは色移りがしないよう、単品か同色の物と洗うことを心がけるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。本日は「製品染め」の特徴についてご紹介させていただきました。

先染めには出せない、柔らかく素朴な風合いが人気の「製品染め」。

製品ごとに微妙に変わる染色の濃淡の違いも「一点もの」を感じさせてくれて、とても魅力的な染色法ですよね。

また、洗濯方法など「製品染め」にはいくつか注意しなくてはいけないポイントもあります。製品染のアイテムの購入を検討されている方はぜひ本記事の内容を参考にしてみてください!