KANGOL(カンゴール)-ブランド辞典

KANGOL(カンゴール)のブランド概要

KANGOL(カンゴール)は1918年、ジャック・スプライルゲン(JACQUES SPREIREGEN)によって設立された帽子屋にルーツを持つファッションブランド。

元は、フランスからバスクベレーの輸入販売を行なっていました。このバスクベレーが後のカンゴールの不朽の名作として生まれ変わり、現在に至ります。

ベレー帽など帽子をメインに、カジュアルウェアから小物まで幅広く展開。

クラブ系やエクストリームスポーツなどの若者層だけではなく、セレブカジュアルやヨーロピアンカジュアルなど幅広い層から支持を集めています。

KANGOL(カンゴール)の歴史

大英帝国陸軍の将軍が愛用したことで有名に

1938年に競合他社と差別化を図るため、イギリスのカンブリア州クリーターに場所を移し、ブランド名を「KANGOL(カンゴール)」に。

由来は諸説ありますが、創業者であるJACQUES SPREIREGENが、ニット(KNITTING)からKを、アンゴラ(ANGORA)からANGを、ウール(WOOL)からOLをとったという説が有力です。

第二次世界大戦で大英帝国陸軍のモンゴメリー将軍が特に愛用したことで有名になりました。

大戦後もイギリスの伝統は引き継がれ、1948年にはオリンピックの開会式でイギリスの選手がカンゴールのベレー帽を被り話題を集めます。

THE BEATLESと共にKANGOLは世界へ

1954年頃、カンゴールのベレー帽はデザインを変更します。現在では有名な型の原型である”CARRICAP”やシームレスのハンチングも同じ頃に誕生。

その後、”504”ハンチングや”TROPIC”ハンチングなどが世に出始めました。

そしてブランドの名を世界に広めたのが、THE BEATLES。カンゴールはTHE BEATLESのイメージ、推奨広告や名前に関する帽子の全世界独占製造、販売権を取得。

これによりカンゴールの名は、音楽の世界にも急速に広がっていきました。

現在は、単なるファッションブランドという枠組みを超えて、カンゴールは文化的ファッションの融合体へと進化しました。

KANGOL(カンゴール)の特徴

カンゴールは、優れた製品に贈られる特別な称号「英国王室御用達(ロイヤルワラント)」にも指定されています。

素材の良さはもちろんですが、イギリスの伝統を重んじる仕上げ、それでいて流行を取り入れたデザインが魅力です。

豊富なカラーバリエーションと色味と素材の風合いがマッチした独特の個性を感じとれます。

KANGOL(カンゴール)を取り扱う店舗

KANGOL(カンゴール)は主に以下の直営店舗と一部セレクトショップにてお買い求めいただけます。

詳しい営業時間やアクセスは公式ホームページよりご覧ください。

カンゴール取扱店舗

  • Kangol Headwear 東京都渋谷区神宮前 6丁目23番4号 1F
  • override 金沢Rinto 石川県金沢市木ノ新保町 1-1 金沢百番街BブロックF-3
  • override 阪急MEN’S OSAKA 大阪府大阪市北区角田町 7番10号 阪急百貨店メンズ館 5F

KANGOLの公式ホームページを見る