カジュアルの定番「チノ」生地の奥深い歴史とは?

おそらく1人1本は持っているであろう、ジーンズ(デニム)と並ぶ人気のあるカジュアルパンツ「チノパン(チノパンツ)」。別名「チーノーズ」とも呼ばれています。

休みの日のカジュアルウェアとして、もしくは何か作業をする際の作業着として何気なくチノパンを選んでいる方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、みなさんが何気なく履いているチノパンの素材「チノ」には奥深い歴史が隠れているのです。

今回はそんな「チノ」素材の特徴や歴史、さらにはお手入れ方法まで詳しくご紹介します。

1 そもそも「チノ」ってどんな素材?

チノ生地

みなさんが普段履いているチノパンは主に「チノ・クロス」と呼ばれる素材から作られています。

色はベージュやカーキを中心に、茶色やブラック、ホワイトなど様々なカラーのものも存在します。

素材は綿100%からなるもの、もしくは綿とポリエステルの混紡からつくられているものがほとんど。肌触りや着心地もよく、価格もリーズナブルなため、作業着などにも使用されています。

最近では撥水加工が施されているものもあり、アウトドアシーンでも大分活躍していますよね。

もともとチノ生地は、「綾織(斜文織)」と呼ばれる製法でつくられています。英語でいう「ツイル」と言うと、なんとなくイメージがつく方もいらっしゃるかと思います。

「綾織」とは織組織のひとつで、タテ糸が2本もしく3本のヨコ糸の上を通過した後、1本のヨコ糸の下を通過することを繰り返して織られるもの。そうすることで地合が密で柔らかく、伸縮性に優れたチノ生地が生まれます。

2 チノの歴史

2-1 もともとはイギリス陸軍のユニフォーム(軍服)だった

2-1-1 インドでのハリー・ラムズデン卿の機転

チノパンの歴史は、遡ること19世紀中頃。

当時、インドに派遣されていた英国陸軍のユニフォーム(軍服)として使われていたのが、このチノ。陸軍といえば、いかに目立たずに背景や景色とカモフラージュできるかが重要ですよね。

しかし当時はユニフォーム(軍服)の色が真っ白で目立ちやすく、敵からもすぐに見つけられてしまうという欠点がありました。

そこで当時連隊長であったハリー・ラムズデン卿の指示により、真っ白のユニフォームをカレー粉、コーヒー、桑の実を混ぜた汁を使って、インドの土地の色そっくりな色に染め上げたのです。これが後のチノパンとなります。

2-1-2 チノパン(チノパンツ)と「カーキ」色の誕生

ハリー・ラムズデン卿の指示により、真っ白なユニフォームが土色に染められ、その時に誕生したのが現在のチノパンの代表色である「カーキ(Khaki)」。

カーキ(Khaki)とはヒンドゥー語で「土埃、土色」を意味し、見事英国陸軍はインドの土の色にカモフラージュすることに成功しました。

ちなみにカーキ色というと深緑や濃い緑をイメージする方が多くいらっしゃいますが、当時のカーキ色は言わば「ベージュ色」。

2-1-3 チノパン(チノパンツ)がアメリカ軍へ渡り、一気に広まる

その後そのチノパンはインドから中国へ輸出されます。

そして1890年後半にアメリカ軍のフィリピン駐在用のための軍服として、チノパンを中国から大量に買い付けたことで、アメリカ軍にも一気に広まりました。

ここで「軍服色」としての意味合いで、フィリピンの森林地帯での戦闘を想定してつくられたアメリカ軍の深緑色(オリーブ色)も、「カーキ」と呼ばれるようになったとのこと。

このような戦闘地での機転が、現在たくさんの人々から愛されるチノパンツ(チノパン)の起源なのです。

2-2 「チノ」の語源は諸説ある

そもそも「チノ(Chino)」はスペイン語で「中国、中国人」を意味します。ではなぜ「チノ」と呼ばれるようになったのでしょうか?その理由は諸説あるとされています。

一つは、フィリピン駐留のアメリカ軍が中国からこの生地を輸入していたからという説。アメリカ上陸以前のフィリピンは、スペインに植民地支配されていました。その名残もあってか、中国からフィリピンに渡ってきた生地をスペイン語のまま読んでいる、という考え方です。

もう一つは、フィリピンにいた中国人の農民たちがよくチノ生地の洋服を来ていたことからそう呼ばれるようになった、という説。

どちらにせよフィリピンに渡ったチノ生地は、すでに過酷な軍の激戦や農民の作業には欠かせない生地であったにちがいない、ということが感じ取れます。

2-3 チノパン(チノパンツ)の流行と定着はプレッピーブーム

それまで軍服や作業着として定着していたチノパンが、現在のようなカジュアルの定番アイテムになったのは1970〜1980年代のことです。

当時のアメリカ東部の上流階級者の若者が、お洒落として着始めたのがこのチノパン。それが雑誌で紹介されたことによって、日本でも人気を呼んでブームとなりました。いわゆる、プレッピーブームです。

その後デニムに並ぶ、季節を問わずに選ばれるファッションの定番アイテムとして定着しました。

3 チノの持つ2つの違いと特徴とは?

3-1 しなやかさと光沢が特徴の「チノ・クロス」

現在、みなさんが履いているチノパンの生地である「チノ・クロス」の特徴は、単糸を使用してつくられていること。つまり、多数の糸を撚り合わせたものではなく一本の細い糸で織っているのです。

そうすることによって、より軽く薄い生地に仕上がります。カジュアルなカラーであるにも関わらず、単糸を使うことによってしなやかさと光沢感、そして高級感を与えてくれるのです。

3-2 丈夫なつくりが特徴の「ウェストポイント」

一方で、アメリカ陸軍の軍服などに使用されるチノ生地は、普段みなさんが履いているチノパンの「チノ・クロス」とは少し違った特徴があります。

それは、単糸ではなく双糸(そうし)と呼ばれる糸を使用して作られているということ。

双糸(そうし)とは、2本の糸を撚り合わせた糸で、太さは単糸の倍ですが均一な太さが特徴です。双糸で織られることで、「チノ・クロス」よりも厚手で粗く、とにかく頑丈な生地に仕上がります。

そういった双糸を使用したチノ生地は、一般的に「ウェストポイント(略称:ウエポン)」と呼ばれています。ちなみにこの「ウェストポイント」という言葉は和製英語であり、正しくは「ユニフォームツイル」といいます。

4 チノパン(チノパンツ)のお手入れ方法は?

4-1 基本は洗濯機の「短時間コース」で

チノパンは年中はけて、丈夫な生地であることがメリットですが、一方で「シワになりやすい」という点がデメリットと言えるかと思います。

そんなチノパンを選択する際には、洗濯機のおしゃれ着コースもしくは短時間コースで洗うことをおすすめします。また、脱水時間も短時間になるよう配慮することも重要です。

洗剤は、粉タイプではなく液体タイプのおしゃれ着用洗剤を使用しましょう。粉タイプの洗剤は、洗濯後に白くなってチノパンに残ってしまう可能性があります。

4-2 脱水後はすぐに干す

先ほども述べた通り、チノパンはシワになりやすいのが特徴です。

少しでもシワをつきにくくする為にも、脱水後にすぐ干すことをおすすめします。

まず、脱水後のチノパンのシワを手でパンパンと叩くように伸ばします。そして干す際には風が中に入りやすいようにハンガーを使用し、チノパンを裏返して干すのがポイントです。

2時間程経過したら、チノパンを表向きに変えてさらに乾かしましょう。こうすることで、日差しによる色あせを防ぐ効果が期待できます。

4-3 綺麗に履くためにはアイロンがけがおすすめ

シワを伸ばして干したとしてもなかなかシワが伸びない場合は、アイロンがけをおすすめします。

その場合は、チノパンを裏返してからアイロンがけを当ててください。もし表面からアイロンをかける場合は、必ず当て布をあてましょう。

チノパンはあまり洗い過ぎないほうが良いと言われることもありますが、できるだけ長くきれいに着こなすためには、適度なメンテナンスも心がけたいですね。

まとめ

いかがでしたか?いつもファッションの定番アイテムとして万人から愛されるカジュアルパンツとしての「チノパン」には、ミリタリーが関わるほどの深い歴史があったのです。

さらに、カーキというカラーも現在のチノパンができる過程によってできた色だとわかると、よりチノパンの奥深さと歴史を感じ取れるかと思います。

こういった知識を知ることで、あなたの持っているチノパンの見方も少し変わってくるのではないでしょうか?