電気も熱も不要。DIPTYQUE(ディプティック)の砂時計型ディフューザー「LE SABLIER」

「ディフューザー」というと、ミスト状にして拡散する超音波式のディフューザーやスティックタイプのリードディフューザーを思い浮かべる型が多いはず。

一方で、パリ発のフレグランスブランド「DIPTYQUE(ディプティック)」のディフューザーは、従来のイメージを覆す「砂時計型」。

砂時計のようにポタポタと滴り落ちるリフィルの雫とともに、極上の香りがお部屋に広がる様子はまさに「香りのインテリア」。

今回はディプティックの砂時計型ディフューザーの魅力や使い方に至るまで詳しくご紹介します。

パリ発フレグランスブランド、「DIPTYQUE(ディプティック)」

パリ発フレグランスブランド、「DIPTYQUE(ディプティック)」

DIPTYQUE(ディプティック)は、1961年、クリスチャン・ゴトロ、デスモンド・ノックス=リット、イヴ・クエロンの3人によって、サン・ジェルマン通り34番地から始まったフレグランスブランド。

ブランド最初のプロダクトとなるオードトワレ「L’Eau」を発売してから50年以上が経過した今も、型にはまらない斬新なフレグランスを発信。

フレグランスの他にも、オリジナルの香りを凝縮したキャンドルやディフューザー、フレグランスソープやボディウォッシュに至るまで幅広いラインナップを展開しています。

最高級の原料のみを使って紡がれた魅惑的で複雑な芳香のプロダクトは、世界中の人々を惹きつけてやみません。

ディプティックの定番「砂時計型ディフューザー」

砂時計型ディフューザー「LE SABLIER(ル サブリエ)」

数多くのフレグランスアイテムを展開するディプティックの中でも特にアイコニックなアイテムとして知られるのが、砂時計型ディフューザー「LE SABLIER(ル サブリエ)」。

超音波式ディフューザーやアロマランプのような熱源や電源は一切不要。重力と毛細血管現象を利用することで香りを拡散する新感覚のディフューザーです。

容器の中で滴り落ちる雫とともに、20分かけて心安らぐ香りをお部屋全体にゆっくりと広げていきます。

美術館に展示された近代的なアーティフィシャルを彷彿とさせる美しいデザインも魅力の1つ。ダイニングテーブルやシェルフの上にそっと置いておくだけで、独特の存在感を放ちます。

砂時計型ディフューザーのパッケージ1

砂時計型ディフューザーのパッケージ2

使う人の期待値を高める洗練されたパッケージデザインもディプティックならでは。開封後の箱も、処分するのがもったいなく感じてしまうほど。

中身のディフューザーはもちろん、パッケージも捨てずに飾っておいても良いかもしれません。

ディフューザーの香りは全部で6種類

ディフューザーの香りは全部で6種類

独特の美しいフォルムにばかり気が取られてしまいそうですが、ディプティックはフランスを代表する「フレグランス」のブランド。香りへのこだわりは言うまでもありません。

砂時計型ディフューザーの香りは全部で6種類。

今回編集部がセレクトしたのは、ベチバーやパチョリをベースにアニシードを加えた「Ambre(アンブル)」。ウッディーかつスパイシーな香りが極上の空間を演出してくれます。

他にもみずみずしいバラとカシス香る「Baies(べ)」、ミルキーな樹液と葉のみずみずしさを感じる「Figuier(フイギエ)」、心地よいフローラルの「Fleur d’oranger(フルール・ドランジェ)」。

さらに、ジンジャーをベースにしたスパイシーな「Gingembre(ジャンジャンブル)」や摘みたてのバラ香る「Roses(ローズ)」の計6種類を展開。好みの香りを選ぶ楽しみもあります。

砂時計型ディフューザーの使い方

01ディフューザーのキャップを外す

ディフューザーのキャップを外す

パッケージを開封すると、リフィルの入った容器とジョイントパーツのついた容器の2つに分かれています。まずはこの2つの上部に付いている蓋を外しましょう。

リフィルの容器は、キャップを回せば簡単に開封できます。

ジョイントパーツ付きの容器は、蓋をめくるようにして剥がすのがポイントです。

02 リフィルとジョイントパーツを繋げる

リフィルとジョイントパーツを繋げる

今度は、蓋を剥がした2つの容器を接続していきます。

リフィル入りの容器を安定した台の上に置き、ジョイントパーツ付きの容器を上から被せたら、リフィル入りの容器をゆっくりと回しボトルを固定します。

2つのボトルが同じ方向に揃うまで、容器を回しましょう。

この時、ジョイント付きの容器を強く押し込むとパーツが破損し、液漏れを起こす可能性もあるため注意が必要です。

03 最後は容器に逆向きに。広がる香りを楽しむ

最後は容器に逆向きにする

2つのパーツをしっかりと組み立てることができたら、あとは容器を逆さまにするだけ。リフィルが20分かけてゆっくりと下の容器に滴っていきます。

滴る雫を眺めながら、広がる香りを楽しみましょう。

1日に容器を4回反転させた場合で、およそ2ヵ月半使用可能です。レフィルは2度までであれば、差し替えて利用することができます。

空間を彩る、ディプティック自慢のインテリアフレグランス

空間を彩る、ディプティック自慢のインテリアフレグランス

フランスが生んだ至極のフレグランスブランド「DIPTYQUE」の砂時計型ディフューザーは、空間をさりげなく彩るまさに香りのインテリア。

リードディフューザーや超音波式のディフューザーが主流の中、あえて「砂時計型」を選んでみるのも良いかもしれません。

デザイン性に優れた容器はもちろん、厳選された原料を使用した極上の香りは、忙しい日常の中にホッと深呼吸する静かな時間を作ってくれるはず。

ご自宅用はもちろん、大切な友人や恋人へのプレゼントにも最適です。

  • Brand : DIPTYQUE
  • Item : LE SABLIER 「AMBRE」
  • Price : ¥22,000