スーツスタイルを華やかに彩る「カフスボタン」を徹底解説!

地味になりがちなスーツの雰囲気を華やかにしてくれるアクセサリーの1つカフスボタン。

スーツを着用する上で、シャツやネクタイなどとは違い、必需品のアイテムではないもののスーツに身に着けるだけでその人の個性やセンスを輝かせてくれるアイテムといえます。

今回は、そんなカフスボタンにスポットを当てて、歴史や種類、選び方やつけ方などについてもご紹介していこうと思います。

父親へのプレゼントや恋人への贈り物として考えているという女性も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1 そもそもカフスボタンってなに?

カフスボタンって?

カフスボタンとは、メンズのドレスシャツやワイシャツなどの袖口(カフ)を留めるためのアクセサリーのこと。

日本ではカフスボタン、またはカウスボタンなんて呼んだりもしますが、正式名称はカフリンクス(cufflinks)といいます。

映画のパーティーのワンシーンなどに装着しているようなイメージがありますが、実は、ビジネスシーンにおいてもカフスボタンを使用することができます。

スーツのジャケットの袖口から、ちらっとのぞかせるカフスボタンはさりげないオシャレにもなりますよ。

1-1 カフスボタンの起源って?

カフスボタンは、17世紀頃のフランスにて誕生したようです。

その頃のフランスでは、袖の装飾にレースやリボンを用いるのが一般的でしたが、次第にゴールドやシルバーボタンといった金属製の鎖でつないだものを装飾として使うように。

それが「カフスの起源」とされています。

また、当時のカフスはハンドメイド製のものが多く、非常に高価な装飾品だったため、上流階級しか手に入れることができなかったようです。

2 カフスボタンの種類って?

2-1 スウィヴル式(レバー式)

レバー式とも呼ばれるスウィヴル式のカフスボタンは、現在もっともポピュラーな種類といえます。

留め具がばね式になっており、ボタンホールに通した後に留め具のレバーを捻って袖口に固定するように装着します。

2-2 固定式

固定式のカフスボタンは、留め具全体が固定された棒状で、ボタンホールにそのまま挿して留めるタイプのもの。

ただし、留め具のサイズによっては使用しにくい場合もあるので注意が必要です。

2-3 スナップ式

スナップ式カフスボタンは、1920年〜1940年頃にかけて流行したとされている種類です。

2つに分かれているタイプなので、ボタンホールに通した後にスナップボタンをはめて固定します。

2-4 紐式

紐式カフスボタンは、固定式同様に、ボタンホールに両端を通して固定するタイプ。

シルクやゴムといった安価な素材をつかうため、他のカフスボタンよりも比較的にリーズナブルな値段で購入することができます。

ただし、その点、耐久性はあまり良くない可能性も…。

普段着などのラフな服装にはぴったりかもしれませんね。

2-5 チェーン式

チェーン式カフスボタンは、モチーフと留め具をチェーンで繋いだ種類になります。

固定式同様に、ボタンホールに両端を通して固定するタイプで1640年頃〜約300年もの間、主流として使用されていたようです。

3 カフスボタンの付け方って?

初めてならば、カフスボタンをどう付けたらいいのか使い方に戸惑ってしまいますよね。

特にありがちな失敗は、普通のボタンと同じように袖口を上下に重ねて装着してしまうこと。

カフスボタンの付け方を間違えてしまうとマナー違反になってしまうことも…。

しかし、恐れることはありません。カフスボタンの付け方は至ってシンプル。

まずは、シャツの袖(カフス)のボタンを外し、生地の裏同士を合わせるようにして重ねておきます。

主流であるスウィヴル式の場合は、先ほど重ねた2枚の生地をカフスボタンの留め具で貫くように差し込み、飛び出ている留め具を倒して完成となります!

ただし、カフスのタイプやシャツの種類、ボタンの有無によっても付けにくいと感じることも多いため、最初は練習が必要かもしれませんね。

4 カフスボタンは”用途”に合わせて選ぶ

4-1結婚式の場合

結婚式などの華やかなシーンでは、コーデに華やかさを加えてくれるようなカフスボタンがおすすめ。

ダークスーツやタキシードには、黒蝶貝などの黒い宝石(同系色のもの)を組み合わせるのが一般的です。

台座にシルバーやゴールドなどの高級感ある素材をチョイスすれば一層華やかさがUPしますよ。

ただし、若い世代の人たちがゴールドやシルバーのものを選んでしまうと浮いてしまう場合も…。

若い世代ならば、遊び心を感じさせるような大きめなものや個性的なモチーフのアイテムを選んでもいいかもしれませんね。

4-2 ビジネスシーンにはシンプルなアイテムを

ビジネスシーンにおいてカフスボタンを付ける場合には、悪目立ちしないようなシンプルなカフスボタンを選ぶのがビジネスマナー。

素材としては、シルバーをメインにした小ぶりなアイテムがおすすめです。

仕事をする上で邪魔になってしまう場合もあるので大きすぎるものはなるべく避けるのが無難でしょう。

よりオシャレを演出したい場合には、腕時計やタイバーなど…。他のアクセサリーとの統一感をもたせるのが大切です。

全体の色味やバランスを考慮しつつ、使いやすいカフスボタンをチョイスしてみてくださいね。

5 ただし、カフスボタンがつけられないものも…。

カフスボタンはどのシャツにも付けられるというわけではありません。

例えば、シングルカフスやターンナップカフス、ダブルカフスなどのタイプのシャツではカフスボタンを取り付けることができない仕様になっています。

さらに残念なことに世の中で販売されているシャツのほとんどがシングルカフスタイプのシャツと言われています…。

そのため、カフスボタンを付けたいという方はシャツ選びにも注意が必要です。

何としてもこのようなシャツでカフスボタンを装着したい場合は、付属のボタンを取り去って、その場所に新たにボタンホールを作る方法もありますが、きれいに仕上がらない可能性もあるため、あまりおすすめしません。

綺麗にカフスボタンを付けたいという方は素直に専用のシャツを選ぶのが無難でしょう。

まとめ

本日は、カフスボタンについてその歴史や種類、選び方やつけ方などについても詳しく見ていきました。

カフスボタンは、素材やデザインも幅広いためシャツの色や気分に応じて付け替えることでコーディネートを楽しむこともできますよ。

その日の着こなしや季節に合わせてカフスボタンをチョイスするのもいいでしょう。

基本的にシャツと同系色のものを選んであげれば悪目立ちすることはありません。

また、個性や遊び心の中にも華やかさを演出できるアイテムなので、普段のファッションに取り入れてみるのもいいかもしれませんね。