【NIKE不朽の名作】AIR JORDAN 1 Chicago(エアジョーダン 1 シカゴ)

NIKEが誇るバスケットカルチャーの象徴とも言える「JORDANブランド」。その始まりの伝説的一足として有名なのが、1985年にマイケル・ジョーダン氏のシグネチャーモデルとして誕生した「AIR JORDAN1(エアジョーダン1)」。

バスケットシューズとして誕生した「AIR JORDAN1(エアジョーダン1)」ですが、ストリートファッションやスケートボードを始めとした様々なカルチャーとの関わりがあることでも知られています。

スニーカーが好きな人達はもちろんのこと、あまり詳しく知らない方でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

レトロなデザイン・シルエットから現在でも愛され続けている非常に人気の高いモデルです。人気のあるカラーが発売される際には長蛇の列ができ、争奪戦になることも。

本記事では、そんな「AIR JORDAN1(エアジョーダン1)」の中でも特に高い人気を誇るオリジナルカラーの一つ、「Chicago(シカゴ)」をAIR JORDAN 1の歴史・特徴から復刻に至るまでご紹介します。

マイケル・ジョーダン初のシグネチャーモデル「AIR JORDAN 1」

01 AIR JORDAN 1(エアジョーダン 1)の歴史

AIR JORDAN 1 BRED

マイケル・ジョーダンのシグネチャーモデルとして登場した「AIR JORDAN1(エアジョーダン1)」は、1985年にNIKEから発売されたバスケットシューズです。

デザイナーは、ピーター・ムーア氏とNIKE不朽の名作「AIR FORCE 1」のデザイナーとしても有名なブルース・キルゴア氏。

シカゴブルズに所属していたマイケル・ジョーダンが、ホーム用のカラーとして着用することになったオリジナルカラーの一つ、通称「BRED」。

当時のNBAには、選手は白いシューズを着用する規定がありました。しかし、黒と赤がメインカラーとして使われた「AIR JORDAN 1 BRED」はNBAの規定に違反していたため、オンコートでの着用は認められず、着用した場合はペナルティーとして罰則金を支払う必要がありました。

そこでNIKEがペナルティーの罰則金を肩代わりし、マイケル・ジョーダンが「AIR JORDAN 1」を着用してプレーをしたのです。そしてNIKEがそれをマーケティングに利用し、大きな話題となりました。

一般発売された当初、人気が出たことで転売をされていた「AIR JORDAN 1」。それを快く思わなかったNIKEは、定価で流通させることを目的に生産数を増やしました。すると在庫は余ってしまい、ワゴンセールの対象になるほどに人気が急落。

その「AIR JORDAN 1」に目を付けたのがスケーターです。まだジャンルが確立されていなかったため、当時のスケートシューズは耐久性が低く、スケーター達は新しいシューズを探していました。

そしてセールになっていた「AIR JORDAN 1」は、耐久性や足首の保護の点で優れていたため、スケーター達から着用されるようになります。

当時スケーター達が履いていた影響もあり、「AIR JORDAN 1」はストリートファッションとしてもその地位を確立していったのです。

02 AIR JORDAN 1(エアジョーダン 1)の特徴

AIR JORDAN 1 SWOOSH

「AIR JORDAN 1」は、数あるAIR JORDANシリーズのなかでもNIKEのロゴである「SWOOSH(スウッシュ)」が使われていることが特徴。

「AIR JORDAN 2」からは、SWOOSHが廃止されたこともあり、JORDANシリーズでは使われていないシューズが大半を占めます。そんなJORDANシリーズの中でもSWOOSHが使用されている「AIR JORDAN 1」は、貴重なデザインと言えるでしょう。AIR JORDAN 1 WING LOGO

「ADIDAS」の「パフォーマンスロゴ」を手掛けたことで知られるピーター・ムーア氏によってデザインされた「ウィングロゴ」が使用されているのも「AIR JORDAN 1」が持つ特徴の1つです。

一部例外はあるものの、この「ウィングロゴ」は、JORDANシリーズのデザイナーがティンカー・ハットフィールド氏になる以前の「AIR JORDAN 2」までのデザインでしか使用されていません。

AIR JORDAN 1 Sole

AIR JORDANシリーズ一作目にして、AIRユニットが搭載されたソールが採用されました。このソールを始めとしてAIR JORDANシリーズでは、発売された年代当時のNIKEが誇る最新技術が採用されているのも特徴です。

2 スニーカー好きなら誰もが知る伝説的カラー「Chicago」

AIR JORDAN 1 Chicago

1985年当時、ホーム用のカラー「BRED」に対し、アウェイ用のカラーとして登場したのが「Chicago」です。

「Chicago」は、1985年に発売されて以来、1994年、2013年、2015年の3度復刻をしています。そのうち2013年の復刻は、OGとしてではなく、RETROとして復刻しているのでシュータンのラベルとヒールにジャンプマンロゴがデザインされるなど仕様が異なります。

また、OG仕様で復刻している1994年、2015年に復刻したものもディティールに変更が加えられています。

AIR JORDAN 1 BANNED

「BRED」は黒と赤の二色をメインカラーとして採用していて、シンプルかつまとまった印象のカラーリング。ファンからの評価は高く、人気の高いカラーです。

画像は、2016年に発売された「BANNED」と言われるモデルで、NBAでの着用が禁止されたことに由来するネーミングです。カラーリングは「BRED」と同様ですが、シュリンクレザーを採用しているなど質感に違いがあります。

AIR JORDAN 1 Chicago 02

こちらの画像は、2015年に発売された「Chicago」。

「Chicago」は、赤、白、黒の三色をメインカラーとしていて、非常に美しいカラーバランスが特徴。どんなコーディネートに合わせても主役になってくれることでしょう。

「AIR JORDAN 1」で替えのシューレースが付属しているモデルは、通常だと購入時にシューレースが通されていない状態で販売されています。しかし2015年に復刻されたモデルは、1985年当時の「Chicago」に始めからシューレースが通されていたのと同じく、シューレースが通されて販売されました。そんな、ファンにはたまらない当時の仕様が再現されているのも魅力の1つです。

スニーカーの歴史に名を残す一足

AIR JORDAN 1 BRED Chicago

「AIR JORDAN 1」はその歴史的背景、洗練されたシルエットが持つクラシカルな雰囲気から非常に人気の高いスニーカーです。

その中でも一際人気が高いカラーの一つ「 Chicago」。その人気から復刻のたび大きな話題となり、争奪戦が繰り広げられる程。市場での相場は高く、プレミア価格では手が出しづらい現状。

しかし、1985年のディティールを忠実に再現したモデルが2020年に復刻するとの噂もあります。もし販売されるのであれば絶対に抑えておきたい一足です。