保湿力抜群!「YINDIGO A M」精油香る3種のリップバター

最近は女性のみならず、男性もリップケアを行うのが当たり前の時代に。

特にこれからの季節は空気も少しずつ乾燥してくるため、気づいたら唇がカサカサになっていることも。極度にカサついた唇から放たれる言葉には、説得力がありません。

ご紹介するのは、東京発のラグジュアリーなライフスタイルブランド「YINDIGO A M(インディゴ・エー・エム)」のリップバター。

唇に潤いを与えるだけでなく、YINDIGO A Mこだわりの上質なエッセンシャルオイルの香りがふんわりと漂う。

今回は、そんなちょっと特別なリップバターの魅力をご紹介いたします。

東京発ライフスタイルブランド「YINDIGO A M」

YINDIGO A M(インディゴ・エー・エム)は、東京発のライフスタイルブランド。

「ボーダレス・ジェンダーレス・タイムレス」をコンセプトに、ファッションからヘルスケアに至るまで、何気ない日常が豊かになるような上質なプロダクトを発信しています。

中でもボディケアシリーズは、植物の持つ力を最大限生かす伝統的なアロマテラピーをベースに最先端のスキンケア科学を掛け合わせたもの。

リラックス感溢れるエッセンシャルオイルの芳香はもちろん、オーガニックでありながらしっかりと効果が実感できるようなモノづくりを目指しています。

保湿力に優れたYINDIGO A Mのリップバター

今回編集部がセレクトしたのは、YINDIGO A Mのリップバター。

こだわり抜いた数種類のエッセンシャルオイルに、保湿力に優れたミツロウ、シアバター、そして注目の美肌成分の1つ「茶エキス」を配合。

茶エキスとは、その名の通り緑茶の茶葉から抽出される成分のこと。ビタミン、アミノ酸、カテキンなどをたっぷりと含んでおり、優れた抗酸化作用を有しているのだそう。

保湿効果の持続時間も長く、乾燥しがちな唇の潤いをしっかりとキープ。

優しいエッセンシャルオイルの香りが、気持ちをリラックスさせてくれます。

上質な精油を使用した3種類の香りから選ぶ

YINDIGO A Mのリップバターは、それぞれ作家の持つイメージを具現化した「KUNDELA」「TARLOVSKI」「MURAKAMI」の3種類から選ぶことができます。

001 KUNDELA

KUNDELA(クンデラ)は、リラックス感のある軽やかな香り。

エッセンシャルオイルは、甘酸っぱいブラッドオレンジに、心を落ち着かせるラベンダー、ウッディーでオリエンタルなサンダルウッドをブレンド。

心安らぐラベンダーとブラッドオレンジの中に、重低音のようなサンダルウッドが静かに脈打ちます。

002 TARLOVSKI

TARLOVSKI(タルコフスキー)は、「浄化と静寂」をイメージした香り。

エッセンシャルオイルには、キレのある香りのジュニパー、サンダルウッド、ウッディーで上品なローズウッド、さらにシダーやセージをプラス。

静寂の中にも、スパイシーさを感じる芳香が魅力的です。

003 MURAKAMI

MURAKAMI(ムラカミ)は、透明感のあるウッド系の中に柑橘の爽やかさを感じる香り。

使用しているエッセンシャルオイルは、深呼吸したくなるようなヒノキ、ジュニパー、ローレルに、フルーティーで爽やかなグレープフルーツをブレンド。

早朝の森を彷彿とさせるような香りは、気分を切り替えたい時にもおすすめです。

  • Brand : YINDIGO A M(インディゴ エーエム)
  • Item : lip butter 5g
  • Price : ¥972(tax-in)

精油香るリップバターで唇に潤いを。

まだまだ暑さが残っていますが、これから少しずつ気温も下がり空気も乾燥してきます。

日頃からスキンローションや保湿クリームを使うように、唇のカサつきもリップバターでしっかりとケアしてあげることがとても大切です。

休憩時間にそっと人塗りすれば、シアバター、ミツロウ、茶エキスが唇に潤いを与えつつ、癒しの香りがふんわりと広がります。気分転換や気持ちを落ち着かせたい時にもオススメ。

YINDIGO A Mの中では比較的お求めやすい価格なので、3種類一気に大人買いしても良いかもしれませんね。