Tシャツのオンスとは?着心地の良いTシャツ選びの基本

Tシャツの厚さは一般的にオンス(oz)と呼ばれる単位が用いられます。

このオンスは、着心地の良いTシャツを選ぶ上で非常に重要なポイントの1つです。

今回は、Tシャツを選ぶ際に是非とも注目していただきたい「オンス」の基本と、各オンスごとの着用感の違いについて詳しくご紹介いたします。

この機会に是非、色合いやデザインだけでなく生地の厚みにも注目してみてくださいね!

1 オンス(oz)ってそもそも何?

Tシャツとオンス

オンス(oz)とは、本来、1平方メートル(90cm × 90cm)あたりの生地の重さを表す単位です。

ヤード・ポンド方式では、「1オンス = 28.35g」として定められています。

ではなぜ重さの単位が、まるで生地の厚さを表す単位であるかのように扱われているのでしょうか?

私たちの住まう日本では、物の厚みにはメートル寸法を用いるのが一般的です。実は「オンス = 生地の厚み」という考え方は、アメリカ由来のものであると言われています。

とはいっても生地が重くなればなるほど、それに伴って生地の厚さも増していくものです。そのためいつしか日本国内でも「オンス = 生地の厚さ」を表す単位としても用いられるようになったと言われています。

2 Tシャツのオンスには大きく分けて4種類ある

Tシャツの種類は4つ

Tシャツのオンスは、大きく分けてライトオンス、ミドルオンス、ヘビーオンス、ウルトラヘビーオンスの4種類があります。

それでは早速、オンスごとの特徴や着心地について詳しく見ていきましょう。

2-1 ライトオンス(3〜4oz)

ライトオンスとは、3〜4ozの薄手生地のことを指しています。

後ほどご紹介するミドルオンスやヘビーオンスと比べて肌さわりも優しくゴワつきも少ないため、ワイシャツの下に着用するインナーTシャツとしても最適です。

ただし1枚で着用すると、ボディラインが浮き出てしまうなど「肌着っぽさ」が強くなってしまう可能性があります。

シャツやニットの下にレイヤーする際には重宝するはずです。

2-2 ミドルオンス(5〜5.5oz)

ミドルオンスとは、5〜5.5oz前後の中厚手生地のことを指しています。

ライトオンスとヘビーオンスの真ん中くらいで、厚すぎず薄すぎないちょうど良い生地感が特徴的です。

1枚でもインナーとしても着用できる万能な生地の厚さと言えるでしょう。

ただし、ミドルオンスを厚いと感じるかそれとも薄いと感じるかはその人の感覚によって異なるため、一概に断定することはできません。

2-3 ヘビーオンス(6〜7oz)

ヘビーオンスとは、6〜7ozの厚手生地のことを指しています。

特に6〜7ozになってくるとかなりのボリューム感がある一方で、先ほどご紹介したライトオンスの生地と比べると多少なりともゴワつきも発生します。

この独特のゴワつきを単純にストレスと感じるか、それとも素材ならではの持ち味と捉えるかどうかは個人的な好みの問題になってくることでしょう。

その厚さゆえに夏場に着用すると少し暑く感じるかもしれませんが、1枚で着用しても肌が透けにくいという点が大きなメリットです。

2-4 ウルトラヘビーオンス(9〜13oz)

ウルトラヘビーオンスとは、9〜13ozの超厚手の生地のことです。

本来であればトレーナーやスウェットパーカーなどに用いられるレベルの厚みですが、最近はあえてスウェットライクな超厚手のTシャツを扱うメーカーも増えてきました。

かなりの厚さがあるためゴワつきも強いですが、着用すればするほど自分の体に馴染んでいくという点もまたこのオンスの生地の持つ大きな魅力の1つです。

ガシガシ着込んで味を出したいという方にもうってつけのオンスと言えるでしょう。

3 Tシャツの着心地を決定づける要素はオンスだけではない

Tシャツと糸の種類

Tシャツの着心地を決定づけるのは、なにも生地の厚さだけではありません。

オンスに加えて、糸の番手と糸の種類にも着目してみましょう!

3-1 糸の番手

番手とは簡単に言ってしまうと、紡績糸の太さを表しています。

番手には、1番手、2番手、3番手など数字が振られており、1番手が最も太い糸です。逆に番手の数字が大きくなればなるほど、糸が細くなっていきます。

一般的には、1番手に近くなるほどしっかりとした質感になり、番手の数字が大きくなるほど柔く繊細な肌さわりになると言われています。

ただし同じ20番手の糸であったとしても、例えば、綿の20番手と麻の20番手では太さが微妙に異なるため注意が必要です。

3-2 糸の種類

糸の番手とあわせて覚えておきたいのが、糸の種類です。

ひとくちに糸と言っても、実は糸自体に施す加工の程度によって以下のカード糸、セミコーマ糸、コーマ糸の3種類に分けることができます。

3-2-1 カード糸

カード糸は、最もベーシックな糸の種類の1つです。綿自体に含まれている不純物を取り除く「カード工程」と呼ばれるプロセスを経てから作られています。

後ほどご紹介するセミコーマ糸やコーマ糸と比べると、価格も安い上に、自然な風合いでシャリ感のある生地に仕上がるという点が大きな特徴です。

3-2-2 セミコーマ糸

セミコーマ糸は、カード糸同様にカード工程を行った後、さらにコーミングと呼ばれるプロセスを経て作られています。

そのためカード糸よりも不純物が少なく、柔らかい風合いに仕上がるという点が特徴の1つです。

3-2-3 コーマ糸

コーマ糸は、この章で紹介している3種類の中で最もクオリティの高い糸に分類されます。

セミコーマ糸よりもコーミングのプロセスを念入りに行うことで、綿に含まれている余計な繊維質を取り除き、肌さわりの良い糸の仕上がるわけです。

適度な光沢と毛ばたちの少ない滑らかな質感は、高品質なTシャツ作りに適しています。

まとめ

本日は、Tシャツの厚み(オンス)にスポットを当ててご紹介しました。

当然ながら、Tシャツを選ぶ際のポイントは人によって異なります。色合いやデザイン重視の方もいれば、コスパを最重要視する方もいらっしゃるかもしれませんね。

オンスはあくまで、Tシャツ選びにおけるポイントの1つに過ぎません。

しかし、生地の厚みが肌さわり、着用感、耐久性などに影響を与えることも事実です。

自分の体にマッチした最高の1着を選ぶ際の参考材料にしていただければと思います。