スニーカーはなぜ臭う?そのメカニズムと簡単に試せる臭い対策5選

履き込んでいるお気に入りのスニーカーからふとした瞬間に漂うあのイヤな臭い…。

最早自分の足が臭っているのか、それもスニーカー自体が臭いのかもわからなくなってしまうこともあります。

脱がない時はまだ良いですが、例えば友達や恋人の家に遊びに行ったり、お座敷タイプのお店に入った時などは、自分のスニーカーから発せられる臭いが気になるものです。

周りの人からも「〇〇さんの履いてるスニーカーはクサい!」だなんて噂されたらショックを受けてしまいますよね。

今回は、自分のスニーカーの臭いが気になって仕方ない方々に向けて、臭いの発生するメカニズムや簡単に実践できるスニーカーの臭い対策を中心に詳しく解説いたします。

1 スニーカーが臭う原因とメカニズム

スニーカーを履いた男性

そもそも私たちの履いているスニーカーはどうして嫌な臭いを発し始めるのでしょうか?

その原因とメカニズムについて確認していきましょう。

1-1 主な原因は皮脂や汗の分解時に生じる代謝物

皮脂や汗が分解される時に生じる代謝物が、スニーカーの臭いの主な原因として考えられています。

私たちの足裏の汗腺(エクリン腺)から噴き出した汗や足裏の皮脂がスニーカーのインソールなどに付着し、さらにこれが足裏に元から住んでいる常在菌によって分解されます。

本来、エクリン腺の汗は臭いを発するものではありませんが、常在菌のうちの悪玉菌に分解されることによって「イソ吉草酸アルデヒド」と呼ばれる代謝物が生まれるのです。

この「イソ吉草酸アルデヒド」があの嫌なニオイの元凶であると考えられています。

1-2 キャンバスやレザー等の素材は要注意!

中でもとローテク系スニーカーに多く用いられるキャンバス、レザー(スエードを含む)といった素材は特に注意が必要です。

これらの素材を用いたシューズを履いてしばらく経つと、靴の中の温度はあっという間に30℃前後、さらに湿度に関しては100%近くまで達するとも言われています。

この高温多湿な環境は、雑菌たちの温床となりやすいのです。

着用後は次の章でご紹介するようなお手入れをしてあげなければ、例え購入してまもない新品のスニーカーであったとしても、あっという間に悪臭を放ち始める可能性があります。

2 日頃から簡単に実践できるスニーカーの臭い対策5選!

臭っているスニーカー

2-1 エタノールやオゾン水など除菌スプレーを使う

除菌スプレーは、最も簡単かつスニーカーの臭い抑制に効果的な方法です。

殺菌効果の高いのは消毒用エタノールですが、百貨店などで販売されているシューズ用の除菌スプレーでもOK!また、最近は除菌消臭効果の高いことで知られるオゾン水や次亜塩素酸水なども販売されているため、こちらを利用しても良いでしょう。

着用後に靴の内側に向けて数回スプレーして、あとは風通しの良い場所で軽く乾かすだけ!

手軽に実践できる上に消臭効果も抜群なのでおすすめです。(※ただし、効果の程度はメーカーによって異なります。)

2-2 使用後は日当たりの良い場所に干しておく

前述した通り、靴の内側は高温多湿になるため雑菌の温床です。毎日履き込んでいるスニーカーは、天気の良い日は日当たりの良い場所で干してあげましょう。

靴の内部までしっかり乾いてくれる上に、太陽光の力で殺菌効果も期待できます。

ただしレザーシューズなど素材によっては、太陽光によって変色してしまう場合もあるため注意が必要です。

2-3 できるだけ風通しの良い場所で保管する

スニーカーは普段からできるだけ風通しの良い場所に保管しましょう。

着用後のスニーカーをそのままシュークローゼットに保管してしまう方が多くいらっしゃいますが、これは基本的にNG!蒸れたスニーカーの内部が乾きづらくなるため雑菌も繁殖しやすくなってしまう可能性があります。

できるだけ扉のついていない戸棚を使用するか、もしくはシュークローゼットの扉を開け放っておくようにしましょう。

吸湿性の高いスノコを敷いたり、吸湿剤を置いておくとさらに良いですね!

2-4 何足かのスニーカーをローテーションで履く

お気に入りのスニーカーだと、毎日でも履きたくなってしまう気持ちもわかりますが、できるだけローテーションで履くようにしましょう。

毎日同じスニーカーばかり履いてしまうと靴の中がしっかりと乾かず、雑菌も繁殖しやすくなってしまいます。最低でも3足程度は用意しておいて、だいたい2日おきのペースくらいで履き回すのが理想的です。

もちろん履いていないスニーカーはしっかりと乾かした後に風通しの良い場所で休ませてあげるようにしてくださいね!

2-5 抗菌仕様のインソールを利用する

抗菌仕様のインソール(中敷)を利用することで、より一層高い防臭効果が期待できます。

インソール自体が雑菌の繁殖を抑えてくれる上に、地面から伝わる衝撃を緩和してくれる製品も多いため歩きやすさも抜群です。

価格は1,000〜5,000円まで素材や機能性によってピンからキリまであります。自分の足の形状や靴のサイズにあったものを選ぶようにしましょう。

3 自分の足を清潔に保つことも大切

清潔な足でスニーカーを履く人

スニーカーの臭いを抑えるためには、スニーカ本体だけではなく自分の足自体を清潔に保つことも大切です。

どんなにスニーカーのお手入れをしていたとしても、足自体が不衛生だと分解される皮脂や汗の量も多くなります。つまり、臭いの元であるイソ吉草酸アルデヒドが代謝されてしまうわけです。

普段から以下のような点に気をつけて生活するだけでも、臭いを抑制できる可能性があります。

3-1 殺菌作用のある薬用ソープで足を洗う

入浴時は、通常のボディーソープで体を洗うだけではなく、殺菌作用の高い薬用ソープを使って足を念入りに洗いましょう。

加齢臭・体臭・汗臭を防ぐ成分配合の旨が表示されている製品がおすすめです。

ただし薬用ソープは時として洗浄力が強すぎる場合もあるため、乾燥肌や敏感肌の方は全身ではなく部分的な洗浄に使用した方が良いでしょう。

3-2 普段から抗菌仕様の靴下を履く

靴下は普段から抗菌仕様のものを選んで着用しましょう。最近では100円均一などでも、抗菌仕様の糸を使って製造された靴下が数多く販売されています。

基本的に抗菌靴下には、商品ラベルに「抗菌仕様」という旨が記載されているため、そのような表示のある商品を選んで購入すると良いでしょう。

もちろんメーカーによって効果の差こそありますが、抗菌靴下とそうでない靴下と履き比べた時に、臭いがかなり軽減されていることに気づくはずです。

3-3 角質ケアを念入りに行う

足裏に蓄積している角質もまた雑菌たちの餌となりやすく、イソ吉草酸アルデヒドを発生させる大きな原因の1つであると言われています。

角質を取り除いてくれるピーリンググッズなどを利用して、しっかりとケアしてあげましょう。

特にかかと部分や、指球や足球といった指の付け根の部分は角質が厚くなりやすいため、軽石などを使って定期的にピーリングすることをおすすめいたします。

3-4 足裏用の制汗スプレーを使う

スニーカーを履く前に、足裏用の制汗スプレーや薬用クリームを使うだけでも臭いをかなり軽減できる可能性があります。

雑菌たちはエクリン腺から吹き出す汗や皮脂が大好物。

制汗剤を使って汗の量を減らすことができれば雑菌たちの餌の量も減るため、イソ吉草酸アルデヒドの発生を抑えること効果が期待できるというメカニズムです。

ただし購入する際には、自分の肌にあった商品を選ぶようにしましょう。

4 強烈な臭いを放つスニーカーのための最終手段!

スニーカーの臭いを消すために

ここまでスニーカーの臭いを抑えるための方法をいくつかご紹介しました。

しかし、これらの方法を実践しても尚スニーカーが臭くてたまらない!という方は、以下の2つの方法を試してみると良いでしょう。

4-1 スニーカー自体を丸洗いする

スニーカーの素材にもよりますが、臭いを消し去りたい場合は丸洗いが一番手っ取り早い方法です。

用意するものは、いらなくなった洗面器、固形石鹸、靴磨き用ブラシ、いらなくなったタオルの4点のみ!以下の手順に従って試してみましょう。

  1. まずは洗面器に40度前後のお湯を張っておく
  2. お湯に固形石鹸を入れて泡立てる
  3. 泡立った洗面器の中にスニーカーを10分程度浸す
  4. ブラシを使ってアッパーやアウトソールの汚れを落とす
  5. お湯ですすぎながらしっかりと石鹸を落とす
  6. 最後にいらなくなったタオルで水気をしっかりとって、日当たりの良い場所で乾かす

ポイントは洗った後に丁寧に石鹸を落とし、日差しのもとでしっかりと乾かすこと。濡れたまま放置したり石鹸カスが残っていると、むしろ雑菌を繁殖させてしまう可能性があるからです。

4-2 洗っても臭うなら酸素系漂白剤で徹底除菌

石鹸でしっかり洗っても臭う…そんな時は、いよいよ最終手段「酸素系漂白剤」の出番です。

酸素系漂白剤は殺菌力が強いため、スニーカーの繊維の奥深くに繁殖した雑菌を死滅させることができます。

用意するものは、洗面器、粉末タイプの酸素系漂白剤の2つだけ!以下の手順に従って試してみましょう。

  1. 洗面器に50℃前後のお湯を張る
  2. さらに粉末状の酸素系漂白剤を入れる
  3. 漂白剤がしっかりと溶けたらスニーカーを入れて40分〜1時間程度浸け置きする
  4. 浸け置きが終わったらお湯で丁寧にすすぐ
  5. 最後にいらなくなったタオルで水気をしっかりとって、日当たりの良い場所で乾かす

ちなみに前述した通り使用するのは「酸素系」の漂白剤です。まな板の除菌などに使用する「塩素系」の漂白剤を間違って使わないように注意しましょう。

5 「10円玉を靴の中に入れると臭いを抑えられる」って嘘?本当?

一度は耳にする「10円玉を靴の中に入れると臭いを抑えることができる」という話。しかし、実際に効果があるのかどうかご存知ない方も多いのではないでしょうか?

結論から申し上げると、10円玉を多めに入れておけばある程度の消臭効果が期待できると言われています。

というのも10円玉の95%は「銅」で構成されています。銅は水分と反応して「銅イオン」へと変化し、これがあの嫌な臭いの元となる雑菌を分解すると考えられているのです。

ただし、十分な消臭効果を発揮するためには10円玉を10枚程度は用意したいところ。尚且つ最低でも1〜2日は寝かせておいた方が良いでしょう。

身近な物を使ってできるお手軽消臭法である反面、効果が出るまで時間がかかるという点がデメリットと言えそうです。

まとめ

本日は、スニーカーの嫌な臭いの原因とニオイを抑制するための対策についてご紹介しました。

できれば強烈な臭いを発する前に、保管方法や簡単なお手入れなど普段から気を使っておきたいところ。特にエタノールやオゾン水を始めとした除菌スプレーは手軽かつ毎日使えるため、とてもおすすめです。

もしどうしても臭いが取れない場合には、スニーカーの丸洗いや漂白剤の使用を検討しましょう。

また前述した通り、足自体のケアも意外と大切です。特に足汗をかきやすい方は、薬用クリームや足裏用の制汗剤などを併用しつつ、雑菌が繁殖でしづらいような環境を作りましょう。

ちょっとしたケアで嫌なニオイを大幅に抑えることができるかもしれません。