ワキガの悩みは素材で解決!ニオイを抑える服の選び方講座

ワキガの方の場合、自分のワキから発せられるニオイに対して神経質になってしまうこともよくあるはずです。

つり革に掴まった時、エレベーターに乗った時など、自分から発せられるニオイが周囲の人を不快にさせていたらどうしよう…という不安に駆られるシーンも増えてきます。

でも何とかしてワキガの臭いを少しでも軽減したい…。そんな方は、普段着用している服の”素材“を見直してみると良いかもしれません。

実は、服の素材とワキガのニオイには意外と深い関係があるのです…。

本日は、服の素材とワキガの関係を中心に、臭いを抑える効果の期待できる素材や、ワキガの人が着用を避けるべき素材に至るまで詳しく解説いたします。

1 服の素材とワキガのニオイには深い関係がある

服の素材とワキガの関係

1-1 実は「服」自体がワキガ臭を拡散させる原因になっている?

上裸ならまだしもしっかりと衣服を着用しているにも関わらず、服を通してワキガが臭う…。何故なのか疑問に思ったことはありませんか?

実はこれ、私たちの着用している服自体がワキガ臭を拡散してしまっていることが原因の1つとして考えられています。

そもそもワキガのニオイの元は「アポクリン腺」から分泌される汗。これが衣服の繊維に付着しワキガ菌が繁殖して行きます。

すると体温を調節するために活動する「エクリン腺」からの汗が蒸発した時に、繊維に蓄積したアポクリン腺による汗のニオイも一緒に拡散されてしまうというメカニズムです。

体から発せられる熱気とともに、衣服に付着したワキガの臭いが周りに伝わってしまいます。

1-2 素材によってはワキガのニオイを強めてしまうことも

着用している服の素材によっては、ワキガの臭いを強めてしまう可能性もあります。

これについては後ほど詳しくご紹介しますが、例えばポリエステルを始めとした化学繊維系の肌着を着用している場合、吸水性の悪さから蒸れやすく、繊維内にワキガ菌を大量繁殖させてしまいます。

その結果として、通常のコットン素材などの肌着と比べニオイが強くなってしまう傾向にあると言われているのです。

ワキガの臭いを抑えたいのれあれば、衣服の素材自体にも気をつけた方が良いでしょう。

2 ニオイを抑えるにはどんな素材の服を着れば良いのか?

では具体的に、ワキガの臭いを抑えるにはどのような素材の服を着用すれば良いのでしょうか?

そのポイントは、ズバリ「天然素材」を選ぶことです。

2-1 コットン素材

コットン素材のアイテム

コットン(綿)は、ワキガの臭いを抑制するという点において最もベストな素材の1つです。

コットンは通気性もよい上に水分吸収率も高いため、化学繊維などと比較してもワキガ菌が繁殖しづらい素材と言えます。

できれば化学繊維系との混紡ではなく、コットン100%の素材を選びましょう。

ちなみにコットン素材という表示があったとしても、タグを確認してみると意外と数%程度の化学繊維が混ざっていることもあるため注意が必要です。

2-2 麻素材

麻素材のアイテム

麻素材(リネン)もコットン素材以上に、吸水性と吸湿性に優れた素材として知られています。

そのためアポクリン腺から吹き出した汗が繊維に蓄積することもなく、ワキガ菌が繁殖しづらい環境を作ることができるのです。

シャリ感もあるため汗をかいても肌にくっつきにくく、ストレスフリーな着用感も麻の持つ大きな魅力の1つ。たくさんの汗をかく夏場にもうってつけの素材と言えます。

ジュート、サイザル、ラミー、ヘンプなど麻には種類はたくさんありますが、それを選んでもOKです。

ちなみに必ずしも麻100%である必要はありません。コットンなど他の天然素材との混紡でも、麻という素材の持つ恩恵を十分に受けることができることでしょう。

3 ワキガの人が避けた方が良い素材

ワキガの人が着用を避けるべき素材

コットンや麻をはじめとした天然素材は、通気性、吸汗吸湿性にも優れているためワキガの臭いを抑える効果も期待できます。

一方で、ワキガの人が着用を避けた方が良い素材というものもあります。それは、「化学繊維」です。

化学繊維には大きく分けて合成繊維、再生繊維、半合成繊維の3種類があります。以下、それぞれの素材の持つ特徴とワキガへの影響について見て行きましょう。

3-1 合成繊維

合成繊維とは、石油や石炭などを原料として合成される繊維のことです。

ナイロン、ポリエステル、アクリル、ポリプロピレン、ポリウレタンなどが一般的にはよく知られていますね。

強度や耐水性には優れているという点が大きなメリットですが、天然素材と比べると吸汗吸湿性が低く、ワキガ菌の繁殖しやすい環境を作り出してしまう可能性があります。

ただし、最近は大手繊維メーカーから吸汗吸湿性に優れた合成繊維も登場しているため、この欠点は徐々に解消されつつあるようです。

3-2 再生繊維

再生繊維とは、主に木材パルプや綿などを再生して作った環境に優しい繊維のことです。

レーヨン、キュプラ、リヨセルなどが代表例として挙げられます。他の化学繊維系素材と比べて光沢があり、テロっとした生地感が特徴的と言えるでしょう。

しかし、これらの素材も吸汗吸湿性が低く、衣服の中で汗が留まることでワキガ菌を繁殖させてしまう可能性があるため注意が必要です。

3-3 半合成繊維

半合成繊維とは、前述した合成繊維と再生繊維のちょうど中間に位置する繊維のことです。

アセテート、トリアセテート、プロミックスなどちょっと聞き慣れない素材が多いかもしれませんね。ニッチな用語なので、市場ではあまり使われないようです。

再生繊維同様に独特の光沢感があり、しなやかな生地感が特徴的ですが、吸湿性が悪くワキガの臭いを強めてしまう可能性があります。

4 素材だけなく、こまめなケアも重要なポイントに

服の素材がワキガの臭いに影響することは間違いありません。

しかしながら、どんなに良質なオーガニックコットン100%のカットソーを着用していたとしても、100%臭いを防ぎきることはどうしてもできません。

薬用クリームや制汗剤などを使ったこまめなケアも重要なポイントになってきます。

例えばコットン素材のカットソーを着用する前に、両ワキに薬用クリームを塗っておくだけでも雑菌の繁殖を抑制できるため、ニオイの抑制に高い効果を発揮してくれるはずです。

特に夏場は汗と一緒にクリームや制汗剤も流れ落ちてしまうことも多いため、デオドラント系のアイテムは常に持参しておいた方が良いでしょう。

5 最終手段、「腋パット」ってアリ?ナシ?

ワキガのニオイを抑える最終手段として、「腋パット」を利用するという手もありますが、ファッション的にちょっと…と不安に思う方も多いですよね。

最近の腋パットは透けにくいような製品仕様になっていることが多くなってきてはいます。

ただし、カットソー1枚の場合だと、例えば腕を上に上げた時などにパットが見えてしまう可能性もあるため注意が必要です。

気になる方は、上から薄手のオープンカラーシャツなど羽織ったりすれば腋パットが見えることもなく、コーディネートの邪魔をすることもありません。

まとめ

今回は、ワキガのニオイを抑えるために知っておきたい服の素材の知識についてご紹介しました。

ワキガの臭いを100%断つことはどうしても難しいものです。

ただし、素材の選び方やちょっとした日頃のケアを見直すだけでも、割と気にならないレベルにまでニオイを抑制できるようになる可能性もあります。

また根本治療をしたい場合には、お近くの病院にて外科手術を受けるという選択肢もありです。

ただし費用や時間を考えるとなかなかそうも行かないことも多いですから、本日ご紹介したように身近のところからワキガの臭い対策を始めていくことをオススメいたします。