2分で分かる!自然な暖かさを実現する「光電子®」の秘密

ファッションの楽しくなる秋冬の季節。しかし、何枚も重ね着すると今度は汗ばんできてしまうこともよくありますよね。

今度はその汗で濡れた生地が外気によって冷やされて、「汗冷え」になってしまうこともあります。体温調節ってとても難しいなのです。

そこで試していただきたいのが、今回のメインテーマ「光電子」。自分自身から発せられる体温をうまく利用して体を温めてくれる画期的な素材です。

今回は、そんな「光電子」について特徴や性能面にスポットを当てて詳しくご紹介したいと思います。

1 光電子とは?

光電子とは

光電子は、体温を効率よく利用して遠赤外線を輻射する集熱保温繊維のことです。

光電子には、高純度の微粒子セラミックス等を独自の技術により均一に分散混入しており、それが非常に大きな表面積を有しています。こうして人の身体から出た体温によって熱を吸収し、遠赤外線を効果的に体へと輻射してくれるのです。

遠赤外線と体温によって肌表面を保温しつつ水分蒸散による冷え感を解消して快適な環境を保つ事ができます。

2 光電子の特徴

2-1 遠赤外線作用による自然な暖かさ

光電子最大の特徴は、着る人自身の体温によって生み出される自然な暖かさです。

ここで言う体温とは、直接肌に触れた際に伝わる熱ではなく、人体から出る遠赤外線のこと。

一度、左右の手のひらを向き合わせてみてください。直接触れている訳ではないのに、じんわりと暖かさが伝わってきませんか?この暖かさが、光電子素材の暖かさとよく似ています。

こうして遠赤外線を活用し直接人体を保温することで快適な温もりを生み出し、暑くなりすぎずに自然な暖かさをキープすることができるのです。

2-2 サラッとした快適な着用感

光電子には遠赤外線を利用した水分蒸散を助ける働きがあるため、一般の肌着に比べ、発汗による衣服内の湿度上昇を短時間で低下させてくれます。

運動や作業後の後でも発汗による衣服内の湿度上昇を抑え、サラッとドライな着用感に。

湿度を素早く逃すので、汗冷えの心配もありません。

3 光電子は異素材との掛け合わせでさらに便利に

光電子は単体でも十分高機能ですが、異素材と組み合わせることでさらにパワーアップします。

例えば、ポリエステル化繊中綿に光電子を組み合わせた「光電子® 中綿」は、一般的な中綿よりもはるかに軽量で高い保温力を誇っています。

他にも薄手で伸縮性に優れたトリコットと合わせた「光電子® トリコット」、フリースと組み合わせた「光電子® フリース」などバリエーションは実に様々。

光電子のもつ自然な暖かさとドライな着用感はそのまま、異素材のメリットも付加することで、今までになかった高機能ハイブリッド素材が出来上がるわけです。

他にも光電子のハイブリット素材として、以下のようなものがあります。

光電子のハイブリッド素材

  • 光電子® サーモライト…保温力の高いクロロプレン素材タイタニウムαに光電子を組み合わせたもの
  • 光電子® タイタニウム…保温効果の高いサーモライト®を組み合わせたもの
  • 光電子® ダウン…高品質なダウンに加え極細に加工した「光電子®」繊維を組み合わせたもの

4 光電子製品の注意点

光電子製品は放湿性能や体温調整機能に優れたとても便利な素材です。

しかしながら、発熱性能に関してはそれほど高くはなく、極寒地などの寒気が激しい所ではその効果を十分に発揮することができない可能性があります。

先ほども説明した通り、光電子素材は私たちの体から発せられる遠赤外線を輻射することで暖かさを実現しています。生地自体が発熱しているわけではありません。

極寒地などに行く際は、光電子の素材の他に別途発熱機能の付いたアイテムを着用した方が良いでしょう。

まとめ

今回は、新素材として注目度がどんどん高まりつつある「光電子」についてご紹介しました。

季節によってその性能を発揮する「光電子」。夏は運動後などの汗によるムレ感を蒸発させ、ドライで快適な状態に。そして冬には体温を利用し、その熱エネルギーを吸収して輻射し体をぽかぽかと自然な暖かさを保持してくれます。

常にサラッとストレスフリーな着心地を実現してくれるとても便利な素材です。

秋冬はもちろんシーズンレスに活躍してくれるため、何着か持っておくととても重宝します。この機会にぜひ光電子の製品をご検討ください。