スニーカーマニアが勧める!ジェイソンマークの使い方完全マニュアル

スニーカーを綺麗に履くために最も重要なのが日々のお手入れ。

お気に入りのスニーカーは、できるだけ綺麗な状態で履きたいですよね。

しかし、スニーカーをクリーニングする時、製品の種類が多すぎて何を使えばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、スニーカーのクリーナーや防水スプレーでお馴染みの「JASON MARKK(ジェイソンマーク)」。

スニーカーのことを第一に考えて作られた高品質なプロダクトで、スニーカーフリークからも支持を集めているブランドです。

本記事では、元スニーカーショップスタッフの筆者がおすすめするシューケアグッズ「JASON MARKK(ジェイソンマーク)」について、特徴から使い方、ラインナップまで詳しくご紹介します。

1 JASON MARKK(ジェイソンマーク)とは?

JASON MARKK(ジェイソンマーク)とは?

「JASON MARKK(ジェイソンマーク)」は、2007年にアメリカのロサンゼルスで誕生したシューケア用品のブランド。

その製品は、高品質なことからスニーカー好きの人たちの間で話題を集め、現在では世界中で高いシェアを誇るまでに成長しました。

スニーカーのことを考えて開発されたシューケア用品の数々は、スニーカーフリーク達から高く評価されています。

中でもジェイソンマークの製品は、専用のクリーニング液とスタンダードブラシがセットになった「エッセンシャルキット」や防水スプレーの「Repel(リペル)」などが代表的。

その他にも、使い捨ての携帯用クリーナー「QUICK WIPES(クイックワイプス)」やスウェード素材のケアキット、スニーカーの芳香剤など様々なシューケア用品を展開しているブランドです。

2 ジェイソンマークの特徴

ジェイソンマークの特徴

2-1 98.3%が天然素材

ジェイソンマークのスニーカークリーナーは、成分の98.3%が天然素材。

天然由来の成分を贅沢に使用することでスニーカーへのダメージを抑えつつ、独自の配合で多くの人から認められる程の高い洗浄力を実現しています。

加えて研磨剤や刺激の強い化学品なども成分に使用されていないので、クリーニングする際にスニーカーへの負担が少ない点も大きな特徴と言えるでしょう。

2-2 様々な素材のスニーカーに使用可能

ジェイソンマークのスニーカークリーナーは、使用する素材を選ばず、ほとんど全てのスニーカーに使用できます。

一般的なスニーカークリーナーは、デリケートな素材には使用することができなかったり素材ごとに洗浄方法が違うものがほとんどです。

一方で、ジェイソンマークの場合、レザー、スエード、ヌバックを始めとした様々な素材を一本のクリーナーで洗浄可能。

使い方もとても簡単なので、お手入れが苦手な方にもオススメです。

2-3 デザイン性の高いパッケージも魅力的

ジェイソンマークの製品は、パッケージのスタイリッシュなデザインも特徴の一つ。

そのパッケージデザインは、セレクトショップの洗練された店内にディスプレイされていても違和感はなくハマります。

家庭では、玄関に置くのはもちろんのこと、リビングなどに置いてもお洒落な雰囲気を演出してくれるのが嬉しいですね。

3 ジェイソンマークの使い方

3-1 クリーニングに必要なもの

クリーニングに必要なもの

クリーニングで使用するものは、「クリーナー」、「スタンダードブラシ」と、マイクロファイバーなどの柔らかいタオル、ブラシを水につける際に使う容器です。

また、スエードやヌバックなどの繊細な素材をクリーニングする場合は、別売の「プレミアムブラシ」を使用するとスニーカーへの負担を最小限に抑えることができます。

クリーニング後に防水スプレーをする方は「Repel(リペル)」も用意しておきましょう。

3-2 ブラシを水につける

ブラシを水につける

まず初めに、ブラシをさっと水につけます。水につけた後、ブラシについている水を少し切るのがポイント。ブラシの毛全体を湿らす程度で大丈夫です。

3-3 ブラシにクリーナーをつける

ブラシにクリーナーをつける

ブラシを湿らしたらクリーナーをつけます。この時、数滴たらす程度に留め、クリーナーをつけすぎないのが綺麗に仕上げるコツの1つ。クリーナーをつけ過ぎてしまうと、クリーニング後にスニーカーを乾す段階で、白い跡が残ってしまうことがあるので注意が必要です。

3-4 再度ブラシに水をつける

再度ブラシに水をつける

次に、クリーナーのついたブラシをもう一度水につけます。つけ過ぎてしまうと先ほどつけたクリーナーが全て洗い流されてしまうので、一瞬水につける位に留めましょう。

3-5 スニーカーをブラッシング

スニーカーをブラッシング

ブラシの準備が整ったら、スニーカーの汚れた箇所を優しくブラッシングしていきます。

この時、あまり強くブラシを当てると、スニーカーに傷がついてしまうので、シャカシャカと軽い感じでブラッシングしましょう。

3-6 タオルでスニーカーを拭き取る

タオルでスニーカーを拭き取る

ブラッシングが終わったら、用意したタオルで泡や汚れを拭き取ります。

汚れがまだ残っている場合は、ブラッシングをして拭き取る工程を汚れが落ちるまで繰り返しましょう。

強くブラッシングをして一度で汚れを落とすより、軽くブラシングをして拭き取る作業を何回か繰り返した方が、スニーカーへの負担を大幅に減らすことができます。

3-7 自然乾燥させる

自然乾燥させる

ブラッシングが終わり、汚れを落としたら光が直接当たらない場所でスニーカーを乾燥させましょう。日光や蛍光灯が当たる場所で乾燥させるとスニーカーが黄ばむ原因になるので要注意。

また、ドライヤーや靴の乾燥機を使って乾燥させるのは、スニーカーへのダメージにつながるので避けましょう。

3-8 仕上げに防水スプレー

仕上げに防水スプレー

完全にスニーカーが乾いたら、最後に防水スプレーをかけて仕上げます。ある程度距離を離して満遍なく吹きかけるのが綺麗に仕上げるポイント。

スニーカーとの距離が近かったり量が多すぎると、乾いた後に白い跡が残ったり、生地にシミがついてしまう原因になるので注意が必要です。

そして先ほどの工程と同じく、直接光が当たらない場所でスニーカーを乾燥させましょう。

3-9 クリーニング前との比較

クリーニング前とクリーニング後の比較画像です。

クリーニング前との比較01

こちらの画像左がクリーニング前で、右がクリーニング後です。

特に汚れが目立つ3箇所のアップを比較してみましょう。

クリーニング前との比較02

左のクリーニング前は、汚れがかなり目立つトゥ部分です。

対して右のクリーニング後は、一目瞭然。目立った汚れのほとんどが落ちていることが確認できます。

クリーニング前との比較03

こちらは、スニーカーにありがちなサイドを擦ってしまった時の汚れ。

クリーニング後は、落ちにくい擦った汚れはもちろんのこと、ソールのパターンや溝に入った汚れまで落とせています。

クリーニング前との比較04

三枚目は、ゴム巻きのローテクスニーカー特有のヒール部分のホコリ汚れです。

こまめにメンテナンスしていれば簡単に落とせるものの、長い間放置して落としにくくなってしまった経験がある方も多いと思います。

しかしながら、ジェイソンマークは長らく放置したホコリ汚れやヒールの当たり傷も落とせてしまうのです。

今回の画像で比較した通り、ジェイソンマークは高い洗浄力を持っています。なおかつスニーカーに優しいのもポイント。

落ちない汚れが気になって履かなくなってしまったスニーカーなどを持っている方は、ジェイソンマークのクリーナーを一度試してみてはいかがでしょうか。

3 ジェイソンマークの製品ラインナップ

3-1 エッセンシャルキット

エッセンシャルキット

「エッセンシャルキット」は、ジェイソンマークというブランドを代表する製品の1つ。4ozのクリーナー液とスタンダードブラシがセットになった人気の商品です。

こちらを購入すれば、レザーやキャンバス素材を使用した一般的なスニーカーをクリーニングできます。

スエードやヌバックを始めとしたデリケートな素材を使用したスニーカーのクリーニングをしたい場合は、付属のスタンダードブラシより柔らかい、別売の「プレミアムブラシ」を購入するのがおすすめです。

3-2 クイックワイプス

クイックワイプス

クイックワイプスは、携帯用の使い捨てクリーナーです。

ソールがちょっと汚れてしまった場合などに簡単に汚れを落とすことができます。

さっと拭くだけで多少の汚れは落としてくれるので、バッグなどに入れて持ち歩いておけば外出先でスニーカーが汚れてしまった場合でも安心です。

3-3 リペル

リペル

ジェイソンマークから発売されている防水スプレーの「リペル」は、強力な撥水性能と防塵効果で有名です。

高い撥水性能と通気性を併せ持っているのが特徴。

前述したクリーナーと同じくほとんどの素材に安心して使用できます。ただし、パテント素材や樹脂パーツなどに使用すると、曇りが出てしまう可能性があるため要注意です。

3-4 マイクロファイバータオル

マイクロファイバータオル

クリーナーを使用する際、用意しておきたいのがマイクロファイバータオル。

吸水性が高く、汚れを落としやすい使用なのでクリーニングの手間を軽減できます。

柔らかな素材でできているので、大事にしているスニーカーを傷つける心配もありません。

3-5 スエード用クリーニングキット

スエード用クリーニングキット

クリーニングキットは、スエード用の専用イレイサーとデリケートな素材に適した柔らかな馬毛のハンドルブラシがセットになった商品です。

クリーナーを使わず簡単にスエードの汚れを簡単に落とせます。

デリケートなスエード生地に特化して作られた製品なので、ダメージを最小限に抑えることが可能です。

まとめ

今回は「JASON MARKK(ジェイソンマーク)」についてご紹介しました。

スニーカーのことを第一に考え抜いて開発されたクリーナーは、様々な素材に使用可能できる優れもの。

独自の配合で高い洗浄力を実現しつつ、天然由来の成分を配合することで、スニーカーへのダメージも最小限に抑えられます。

汚れてしまったスニーカーも見違えるように綺麗になることでしょう。

大切にしているスニーカーのクリーナーを選ぶ際は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。