フォーマルな革靴の代名詞「ストレートチップ」とは?特徴から選び方まで解説

スーツを着用する際に欠かせないのがレザーシューズ。

スーツのデザインとバッチリ合ったレザーシューズを履いているとスーツスタイルをよりカッコよく引き立ててくれます。

そんなレザーシューズの中でも一際フォーマルな印象のストレートチップ。冠婚葬祭の時に履く革靴としてご存知の方も多いはず。

また、一括りにストレートチップといってもフォーマルなシューズばかりではなく、カジュアルなシーンで着用できるシューズまで様々なバリエーションがあります。

しかしながら、普段からスーツを着用しない方はどんな種類を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、ストレートチップの概要から特徴、種類と着用する場面での選び方までご紹介します。

1 ストレートチップとは?

ストレートチップとは?

そもそもストレートチップとは、トゥ(つま先)の部分に横一直線の切り替えが施されたシューズのことです。海外ではキャップトゥの名称で親しまれています。

冠婚葬祭などで着用されることが多く、礼装が必要とされるシーンに適したシューズとしてご存知の方も多いはず。

一方、ストレートチップであってもデザインや種類によってはカジュアルな印象のアイテムも存在するため、着用シーンに合わせてシューズを選択することが重要です。

2 ストレートチップの特徴

2-1 シンプルで格式高いデザイン

シンプルで格式高いデザイン

ストレートチップの最大の特徴は、そのシンプルで格式高いデザインです。

無駄な装飾のない洗練されたデザインは多くの人々に愛され、伝統的な正装としてスーツスタイルに取り入れられてきました。

中でも黒色でシューレースホールが内羽根と呼ばれるデザインのストレートチップは定番中の定番。最も畏ったレザーシューズとして知られています。

また、ストレートチップの横一文字の切り替えデザインの周辺にパンチング加工が施されたアイテムもあり、こちらは少しカジュアルな印象です。

2-2 トゥーに履きジワが入りにくい

トゥーに履きジワが入りにくい

トゥ部分の横一直線の切り替えもストレートチップが持つ特徴の一つ。

レザーシューズを履いているとだんだんとつま先に履きジワがついてきて気になってしまいますよね。

一方のストレートチップは、切り替えが施されたデザインのため、トゥ部分に履きジワが入りにくいのです。

そのため、シワでシューズの外観を損ねることなく、レザー特有の美しい光沢をより長く維持できます。

3 ストレートチップの種類と着用シーン

フォーマルなレザーシューズの印象が強いストレートチップ。

しかしながら、ストレートチップのシューズ全てがフォーマルなわけではなく、デザインによって着用する場面は異なります。

3-1 内羽根と外羽根

内羽根と外羽根

ストレートチップを始めとした革靴のデザインの中でも基本中の基本となるのが、内羽根(バルモラル)と外羽根(ブラッチャー)です。

革靴のシューレスホールが開けられている2枚の革を羽根といいます。その羽根が靴の甲の内側に付いているものが内羽根、外側についているものが外羽根です。

内羽根は、履き口が必要以上に広がらず、シュータンが見えにくく、上品な印象。対して外羽根は、軍靴をルーツに持っているため、着脱がしやすいように考えて作られているのが特徴です。

内羽根はフォーマル、外羽根は少しカジュアル寄りなシューズとして知られています。

3-2 カラーや装飾によって変わる印象

カラーや装飾によって変わる印象

ストレートチップは、シューズのカラーや装飾によっても着用シーンが異なります。

そのため、想定する場面に最適なシューズ選びを心がける必要があるのです。

まず、最もフォーマルといわれているのが黒色のストレートチップ。黒で内羽根のストレートチップは、冠婚葬祭などのシーンで着用するには最適です。

一方、普段の通勤などで履いていると少し違和感があります。そのような場合には、外羽根のものや黒以外の茶色、ネイビーなどのカラーのものを選択しましょう。

黒のストレートチップを選ぶのであればトゥ付近にパンチング加工が施された「パンチドトゥ」や甲や履き口に穴で装飾が施された「パーフォレーション」などを始めとした、装飾されたものを選ぶのがポイントです。

また、カジュアルシーンでストレートチップを履く場合には、シューレースのタイプではなくストラップやベルトで調整するタイプがおすすめ。ストレートチップを違和感なくカジュアルスタイルに落とし込めるのではないでしょうか。

3-3 ストレートチップの位置付け

ストレートチップの位置付け

ストレートチップは、フォーマルなシューズとして非常に有名です。

しかしながら、カジュアル寄りのカラーや装飾が施されたシューズを選択してもどこかフォーマルな印象を与えてしまうことも。

カジュアルなスタイルに合わせるのが難しいと感じる方は、汎用性の高い「プレーントゥ」やトゥの切り返しや装飾が特徴的な「ウイングチップ」などを選択することも一つの手段です。

カジュアルシーンで履く機会が多い場合は、こちらも視野に入れて検討しましょう。

プレーントゥやウイングチップについて、詳しくは下記の記事を参考にしてみて下さい。

まとめ

今回は、フォーマルなシューズの中でも代表的な「ストレートチップ」についてご紹介しました。

ストレートチップとは、トゥの部分に横一直線の切り替えが施されたシューズのことです。

数あるレザーシューズの中でも最もフォーマルといわれているのが黒色で内羽根のストレートチップ。

冠婚葬祭などで着用されることが多く、礼装が必要とされるシーンに適したシューズとして広く知られています。

一方、普段の通勤やカジュアルなスタイルで履くと違和感が出てしまうことも。

そのような場合は、外羽根のシューズや装飾が施されたもの、カジュアルよりのカラーを選択しましょう。

着用シーンに合わせてシューズを選択することが重要といえるでしょう。

ストレートチップを検討の際は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。